食品工場・倉庫建設設計施工の三和建設株式会社

INFORMATION

お役立ち情報

軽視してはいけない。建物の改修における設計の大切さと検証方法

2020年 RENOVATION ARCHITECTURE

改修設計とは?

 

一般的に、建築における「設計」は新築工事を前提としており、改修工事において設計という概念はあまり注目されません。しかしながら、設計の重要性は、新築だけでなく改修においても同じです。なぜ改修工事では設計が軽視されがちなのでしょうか?
理由は2つ考えられます。

 

1つめは、工事の規模が比較的小規模であるということです。改修工事は新築に比べて金額的にも限定的なことが多く、それだけ事前準備としての設計行為が重要視されないということが考えられます。

 

2つめの理由として、何もないところからつくりあげる新築と違って、改修は既存の建物に対して改変を加える行為であるため、建築の知識が十分でない施主(発注者)にとって改修工事の内容を自力で考えやすいということが考えられます。

 

確かに軽微は改修工事であればわざわざ設計と呼ぶほどの作業はないとしても、常に何らかの検証作業は不可欠です。検証の対象となる項目は、主に機能・構造および法令の3点が考えられますが、ここでは機能検証について説明します。

 

機能検証

 

(特に工場や倉庫の)改修工事は機能の向上が目的であるため、その改修工事による機能面の検証は当然のこととして行われることになります。ただし、目指した機能向上が実際に実現するかどうかを、単に感覚で判断するか、あるべき理論的プロセスに沿って検証するかによって、もたらされる結果に違いが生じることは容易に想像できます。

例えばある部屋を特定の温度下で維持するという改修工事を施すとして、それを建築的にあるいは設備的にどう実現するのかについては当然単なる勘ではなく机上による定量的検討が求められます。

 

また、ある一つの機能向上を目指して実施した改修によって別の機能が損なわれることもあり得ます。前記の例にならえず、ある部屋の温度を下げることだけを念頭に置いて改修工事を実施した結果、湿度が必要以上に高まり別の不具合を引き起こすということなどが考えられます。

この場合、施主が温度条件だけを提示してきたとしても、他の要素への影響も総合的に検証する姿勢と能力が工事業者に求められるます。

前のページへもどる