食品工場・倉庫建設設計施工の三和建設株式会社

INFORMATION

お役立ち情報

建物の改修前にする構造検証とは?改修工事前後で変わる可能性がある構造的問題発生を防ぐ方法

2020年 RENOVATION ARCHITECTURE

建物の改修前にする構造検証とは?

 

改修工事における構造検証には主に二つの観点が存在します。

第一は、既存の建物の構造性能の評価です。構造性能は、建築物の自立性や耐震・耐風・耐雪性能等のことを指しますが、これらは相互に関連性があり、多くの場合は耐震性能をもって建物の構造性能を測ることになります。

建物の耐震性は決められた基準をもとに評価されますが、これまでわが国が大地震を経験するたびに基準が見直されています。したがって、かつての基準であれば耐震性が適合であった建物が最新の基準では不適合ということがあり得ます。

既存の建物の耐震性を評価し、これが不足している場合は所定の強度に達するよう補強を行う耐震改修工事は建物の改修工事の代表例と言えるでしょう。

 

第二は、改修工事によって既存の建物の構造性能に変更が加わるケースです。

例えば、間取りを変更するために既存の間仕切りを撤去するという改修工事があったとします。この間仕切りが仮に耐震壁などのように構造的な機能を果たしている部位であれば何も考えずに撤去すると本来あるべき耐震性能が損なわれる危険性があります。このように施主(発注者)の要望を満足する過程で意図しない構造的な問題が発生しないかどうかを検証する姿勢と能力が改修工事業者に求められます。

改修工事によって既存の構造物の構造性能が損なわれる可能性がないかを、感覚的にだけではなく理論的に検証することが必要です。構造上の不具合は人的物的被害に直結する恐れがあり、また、生産や保管品の質および量に大きな影響を与えることもあります。特に操業中の工場ですと、やり直しの機会を確保することが難しいので確実な構造検証が必要となります。

 

構造検証を改修工事前に行うことはお客さまの工場やビルなどを守ることにも繋がり、結果として長期における資産価値の維持に寄与します。

 

前のページへもどる