食品工場・倉庫建設設計施工の三和建設株式会社

INFORMATION

お役立ち情報

工場・倉庫の建設や改修にこそ専門性と実績が必要な理由とは?

2020年 RENOVATION ARCHITECTURE

よほどの特殊工事や大規模工事でなければ、建設会社や工務店であれば改修工事にも対応できると考えがちですが、改修工事にも得手不得手というものがあります。

 

食品工場

三和建設は食品工場の建設や改修に注力しており多数の実績があります。また食品工場ではHACCP、FSSC22000 や ISO22000が取得できるような改修工事を行いたいというニーズもあります。2020年6月日本でもHACCPの制度化が始まり、1年の猶予期間を経て2021年6月から完全制度化となりました。HACCP制度化の罰則は未定ですが、条例などで罰則が定められる可能性もあります。

 

そもそもHACCPとはなにか?

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の略称で、食品等事業者自ら食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手段です。

 

HACCP方式と従来の製造方法の違いは?

 

HACCPの認証を受けるためには、施設が適切な要件を満たしている必要があり、建物内部だけではなく、工場周辺の外側まで及びます。建物の内部では、手洗い設備や各工程が交叉しないようにゾーニング・換気・排水などの様々な項目が設定されていたりします。工場周辺の外側では、施設内に虫やネズミが入りにくい構造にしたり、排水口などで繁殖しないような設計にする必要があります。

 

ISO22000とFSSC22000との違いは?

I

SO22000とは、HACCPの7原則12手順を基礎として、マネジメントシステムの要素も取り入れた国際規格です。食品の製造過程だけではなく、農業や漁業といった食品の製造前段階に関わる事業や配送や小売業などサプライチェーン全体を対象としており、消費者へ安全な食品を届けることを目的としています。

FSSC22000とは、ISO22000の内容もとにフードディフェンス等を盛り込んだ一般衛生管理の具体的な手法が追加された国際規格です。ISO22000との違いは、FSSC22000の方が、クリアすべき項目がより具体化されています。

業界団体によるHACCP認証の適用範囲はその業界・業種に限られますが、ISO22000とFSSC22000は幅広い業界・業種に適用されます。

 

補助金の知識と申請メリット

 

古い食品工場でも補助金などを活用して、原状の食品工場の改修から認証コンサルティングも可能になります。補助金には様々な種類がありますが、お客様に該当する補助金がないかも検討し、導入時のイニシャルコストを抑えるご提案もさせて頂いております。

 

倉庫の建設や改修にも専門性がある

 

三和建設は創業以来倉庫建設を得意にしてきました。中でも危険物倉庫、冷蔵倉庫あるいは自動倉庫など、特殊な機能をもった倉庫の改修には専門性が求められます。例えば危険物倉庫については、建築基準法以外にも消防関連法規の制約が大きく、その対応には多くの知見や実績が不可欠となり、これは新築のみならず改修工事においても同様です。

 

以上のように、工場や倉庫の改修工事を任せる工事会社の選定については専門性を見極めたうえで判断すべきです。

前のページへもどる