食品工場・倉庫建設設計施工の三和建設株式会社

INFORMATION

お役立ち情報

工場や倉庫での湿度対策とは?

2021年 RENOVATION

今回は、製品を製造・保管する工場や倉庫における湿度対策についてご紹介します。

日本には四季があり、5月~9月ぐらいにかけては高い気温だけでなく、湿度の高さがさまざまな問題を引き起こします。例えば、高温高湿状態が続くようになる5月の終わりごろになると、テレビの情報番組などで毎朝「熱中症に注意しましょう」などの情報を聞くようになりますし、多くの日本人は「今年も過ごしにくい季節がやってきたな…」と、少し嫌な気持ちになってしまうことでしょう。

しかし、こういった高温・高湿状態というものは、ジメジメした不快感だけでなく、結露やカビなどの発生原因となってしまうなど、工場や倉庫では保管物品への悪影響にも注意しなければならない問題となります。
そこでこの記事では、そもそも工場や倉庫などで湿度対策が必要になる理由や、どういった対策が良いのかについて考えましょう。

工場や倉庫で湿度対策が重要な理由

まずは、工場や倉庫などの大規模施設において、湿度対策が重要と言われる理由からご紹介します。工場や倉庫は、多くの従業員が働く場所ですので、熱中症などの健康被害から人を守るという視点からも湿度対策が大切です。さらに、湿気は保管物品の品質に悪影響を与えてしまう恐れがありますので、適切な温湿度管理が重要です。

しかし、工場や倉庫などの施設は、その構造から湿気が溜まりやすいという特徴を持っています。一般の建築物と比較すれば、工場や倉庫には以下のような特徴があります。

  • 間仕切りが少なく空間が広い 工場や倉庫は、一区画の面積が広く設計されますので、空調設備の効きが悪くなる傾向にあります
  • 天井が高い 建物内の天井が高いという点も、空調効率が悪くなる傾向にあります。
  • 換気効率が悪い 窓が少ない、保管物品の関係で換気が難しいなど、換気効率が悪い施設が多い

このように、工場や倉庫というものは、大規模な施設である上に構造上空気の循環が難しく、湿気が溜まりやすいという特徴があります。したがって、保管物品の品質維持や従業員が安全で健康に働けるような環境を作るためには、適切な湿度対策が必要になると考えましょう。


工場や倉庫での湿度対策について

それではここからは、工場や倉庫における具体的な湿気対策について、いくつかの手法をご紹介します。


①可能な限り換気を心がける

食品工場などは難しいですが、倉庫などの施設であれば、可能な限り窓を開け、空気を循環させるなど、換気するように心がけましょう。一般住宅でもよく言われますが、換気効率を考えた場合、窓やドアを2か所以上開けて、可能であれば対角線上に窓が開いている状態を作りましょう。空気の通り道を作れば、それだけ換気効率が高くなります。

倉庫や工場などは、その構造によって空気がこもりやすくなってしまうので、空気の流れを作ってあげて、小まめに換気を心がけることが湿度対策に有効です。

②ストレッチフィルムで製品を守る

倉庫や工場などでは、顧客の大切な製品を保管しています。そして保管物品によっては湿度に弱い物や湿度から守りたい物も存在します。

そこで、湿度から守りたい保管物がある場合は、荷物全体をストレッチフィルムで覆い、フィルムと荷物の間に産業用除湿剤などを封入して保管しておくという対策を行うと良いでしょう。換気が難しい…など、高湿状態でも湿度から保管物を守ることができます。

③除湿剤・除湿器を利用する

一般住宅などでも採用される手法ですが、倉庫や工場でも除湿剤を設置して、湿度対策を行うという手法は有効です。とはいえ、倉庫や工場は、空間面積が広く、ドラッグストアなどで販売されている家庭用の除湿剤ではあまり効果はありません。したがって、業務用の除湿剤などを用意してください。

除湿器に関しても、工場や倉庫で使用することを想定された業務用のものがありますので、除湿剤では不十分…という場合は、大型の除湿器の導入を検討してください。

④シーリングファンの導入

シーリングファンは、工場や倉庫での熱中症対策や湿度対策に非常に効果的な設備と言われています。

分かりやすく言うと、天井に取り付ける大型の扇風機の事で、大きな羽根が天井でゆっくりと回転することで、室内の空気が循環するようになり有効な湿度対策となるわけです。なお、シーリングファンメーカーの公式サイトなどでは、天井にシーリングファンを導入し、送風することで、従業員の体感温度が「5℃」も下がると紹介されており、熱中症対策としても非常に有効な設備と言えます。

まとめ

今回は、工場や倉庫における湿度対策についてご紹介してきました。高温多湿になる梅雨時期から夏にかけては、湿気によって保管物がさまざまな悪影響を受けてしまう…ということが工場や倉庫の悩みになるでしょう。湿気は、カビの繁殖や結露の発生などを招いてしまう恐れがあり、何の対策もしなければ大切な商品がカビだらけになってしまう…なんてことも考えられます。

この記事でご紹介したように、工場や倉庫などの大規模施設は、そもそも構造的に湿気がこもりやすい特徴がありますので、保管物を守るためには湿度対策が必要不可欠です。

前のページへもどる