三和建設新卒採用サイト | 建設の新しい3Kをつくるひとをつくる三和建設新卒採用サイト | 建設の新しい3Kをつくるひとをつくる

三和建設を支える経理・アシストの仕事を通して「社員のバリュー」を創り出している社員が働いています。
そんな社員に仕事のやりがいや今後の意気込みについてインタビューをしました。

SANWA CREW 02

笑顔のスーツ姿の男性

感動 heart

ACCOUNTING

アシスト本部

事務だからわかる
三和建設の魅力

2011年に新卒入社
事務職:今村裕也
ノートとペンを持っている手

HISTORY

経営の根幹となる仕事

事務職はただ作業をする仕事ではありません。 私達の仕事は取引の記録となる会計伝票の起票や内容チェック、請求書の発行など、企業の経営にとても大切な役割です。 一つ一つの業務に企業経営の全てが組み込まれていると言っても過言ではありません。 お金を通じて、会社全体の流れを知り、経営を支える。 自分は事務という仕事を通して、陰から三和建設を支えているんだと常にやりがいを感じて仕事に向き合っています。

仕事中のスーツ姿の男性

WORKS

毎年広がる仕事の幅

今まで好きなことだけを選んで生きてきました。 三和建設に入社し働くにつれて、「このままではいけない。」そう思いました。 現在は与えられた仕事だけではなく、自ら進んで様々な業務に挑戦するよう心がけています。 まだまだ経験不足で覚えることは沢山ありますが、毎年業務の幅が少しづつ広がっているのを感じ、次は何をしようとわくわくしていますね。 目標は「経理のエキスパート」になること。 今村に聞けばなんでもわかると言ってもらえるように、これからも攻めの姿勢で学び続けます。

三和建設の役目

事務職のミッションは、社員のバリューを最大化すること。
わが社はもとよりグループ会社の全社員が理念やビジョンを
達成するために全社に対し文字通りアシストする部門です。

全社員で制度を創る

三和建設には改善提案報告というものがあります。 会社を良くしようと考えている社員が、制度や活動と取り組みをする。 みんな一丸となって三和建設を良くしようとしている姿はとても魅力的ですね。 一人の社員がGreat Place to Work® Institute Japanに応募しようと声をかけて応募したのが5年前。あれから5年間「働きがいのある会社ランキング」に入賞しているのも全社員の取り組みがあってだと思っています。

三和建設が求める人財像はこちら
福利厚生はこちら