三和建設新卒採用サイト | 建設の新しい3Kをつくるひとをつくる三和建設新卒採用サイト | 建設の新しい3Kをつくるひとをつくる

三和建設には設計の仕事を通して「社会にとって有用な建物」を創り出している社員が働いています。
そんな社員に仕事への意識や今後の目標についてインタビューをしました。

SANWA CREW 02

パソコンで仕事をする女性

感動 heart

DESIGN

設 計

現場を知るからこそ
描ける設計を

2015年に新卒入社
設計職:清水貴美子
印刷中の女性

HISTORY

一本の線の意味

「図面の線一本一本には意味がある。」 常日頃から先輩に言われている言葉です。2015年に新卒入社、今では簡単な図面は任せてもらえてますが、もともとは施工管理職。設計部署に移動したての頃は先輩にみっちりご指導いただきました。
図面にはたくさんの記号やルールがあり、その全てに意味がある。だから書くときは読み手をイメージして、一本一本感情を込めて書くようにしています。

ノートパソコン
えんぴつとモノサシと設計図

WORKS

二人三脚の仕事

「自分はプロの設計士です」と、自信を持って言えるようになるのが目標です。今は先輩にたくさんフォローされて仕事をしていますが、いずれは自分の方が後輩を助けてあげれるようになりたいと思います。
設計という仕事は、報告・連絡・相談が本当に重要で、常にたくさんの人と二人三脚で仕事を行います。三和建設は社員同士とっても仲良し、だから案件を成し遂げたときに、心から一喜一憂できるのではないでしょうか。

三和建設の役目

設計部門を有していることはわが社の重要なアイデンティティのひとつです。
また、ビジョンを実現するためには設計部門が技術の核となり
さらにレベルアップすることが必要不可欠です。

三年後の自分

新卒で入社して1年間は施工管理職を経験させていただき、現場のことや建築のことを学びました。当時は「設計のことをもっと勉強しておけば」良かったと思うこともありましたが、現場をしっかり経験したからこそ描ける設計もあると気づき、今ではポジティブに業務に挑んでいます。
目標は、三年以内に物件を任されること。そのために、日々しっかり学んで技術を習得していきます。

三和建設が求める人財像はこちら
福利厚生はこちら