SANWA RECRUITSANWA RECRUIT

SCROLL
SCROLL

SANWA RECRUITSANWA RECRUIT

三和建設は3K?
危険 dangerous
汚い dirty
きつい severe
どうせなら、前向きな方がいい。 Not 3K, But 3K Standards.
三和建設の3K!
価値 value
感動 heart
形 quality

つくるひとをつくる
三和建設の理念は「つくるひとをつくる
建物、お客様、仲間、
技術、信頼、価値、社会、歴史。
すべてはひとがつくります。

いま、建設業界に蔓延る
きつい、汚い、危険という考えも
ひとが創りあげたもの。
だったら三和建設に入社したひとが、
新しいあたりまえを創ればいい。

私達が考える3K
「価値」「感動」「形」とは

価値 VALUE

感動 heart

形 QUALITY

三和建設は3K!

つくるひとをつくる
三和建設の理念は「つくるひとをつくる
建物、お客様、仲間、
技術、信頼、価値、社会、歴史。
すべてはひとがつくります。

いま、建設業界に蔓延る
きつい、汚い、危険という考えも
ひとが創りあげたものだ。
だったら三和建設に入社したひとが、
新しいあたりまえを創ればいい。

私達が考える3K
「価値」「感動」「形」とは

価値 value
感動 heart
形 quality

価値 VALUE

自分が創造したものが、
数百年後も存在し、地図に残る。
それは価値のある生き方だと思う。

建前の話をしようじゃないか。

どこの採用サイトを見ても「やりがいのある仕事」「成長できる環境」
この手の建前ばかりの謳い文句にはうんざりだろう。

私たちは、建前ではなく本音で話す。「成長できる環境がある」というならば、具体的にそれを示す。
例えば家賃1万円の初年度の寮生活もそうだ。

私達は相談できる環境を提供するため、一年目の社員だけが入る寮、ひとづくり寮を創り上げた。 同じ辛さ、楽しさを一年目で共有、支え合うことによって、自分自身の視野を広げる為だ。

幾多の苦楽を共にすることで三和建設で働くこと、仕事のやりがいや価値を感じてほしいのだ。

他にも価値の共有ができる場「SANWAアカデミー」もそうだ。

これまでは「先輩の背中を見て育て」と若手は言われ続けてきた。だが、それでは先輩によって教え方、伝え方が違い、正解が見えなくなってしまう。

「SANWAアカデミー」では知識をしっかりと落としこむ事に注力する。走りだしは全員一緒、同じ経験をし、価値観を共有し合う。

さぁ、建てる前にも大いに話し合おうじゃないか。「具体的に成長できる環境」はここにある。

感動 heart

確かにキツイ仕事だ。
だからこそ感動が生まれる。

70年たってやっとわかったこと

歴史が長いから安定している、大きい会社だから大丈夫、ベンチャー企業の方が成長できる。そんな根拠のない当たり前をうのみにして、就職活動をするひと達をたくさん見てきた。

70年たった今でも、私達にそんな考えは毛頭ない。歴史の長さや会社の大きさに安心はなく、ベンチャー企業でなくても成長できる環境は事実存在する。

「つくるひとをつくる

それはつまり、ひとがすべてを創り上げているということ。だから私達は「つくるひとをつくる」という理念を掲げ、社員と接し続けた。

「君の会社は大手だから任せるよ!」と言われるより、「君になら任せてみたい!」と言わせてやりたいんだ。

会社がすごいのではなく、そのひとそれぞれがお客様に感動を与えているからこそ、今の三和建設はある。そう全てはひとの感動の連鎖なんだ。

おかげさまで三和建設は、働きがいのある会社ランキングに5年連続ランクインできた。

これも偏に、社員一人ひとりの感動の連鎖だとおもう。

70年間の歴史で培った知識を伝え、外へ発信する。こういった上昇気流のスパイラルが、社員一人ひとりの意識を高め、感動を創り出している。

社員紹介へ

形 QUALITY

全自動で建つビルなんてない。
汚くも泥にまみれ、魂込めて形にするんだ。

作品は創らない

社会では一流と言われる企業がある。売上、品質、対応、その基準は様々だ。

あなたが思う一流とはなんだろう。私達は選ばれ続けることこそが一流だと考える。

私達はただデザインが素晴らしい、見栄えの良い建物は創らない。そもそも創ったものを作品と呼ぶことはない。あくまでお客様の想いの実現に貢献する、使える建物づくりに集中する。それが三和マインドだからだ。

サントリーから受注を受けたのが60年以上も前、当時背伸びしたデザインをせず、サントリーが抱える課題を明確にし、+αの要素を加えて解決する設計。

この行動指針が評価され、今でもサントリー山崎蒸溜所の施工を任されている。

相手の求める一歩先に行くこと。それは相手を理解し、相手の立場になったカタチ作りに繋がる。選ばれるための努力を続ける。一流とはそういうことなのだと私達は思う。

ただ、選ばれるための努力は、決してお客様だけではない。これから就活を行う、あなたにも選び選ばれる必要があると考えている。

だから説明会では等身大の三和建設を知ってもらう。選考では全社員と触れ合ってもらう。しっかりと時間を掛けてお互いを理解しあう。形に捉われず、真実を伝えあおうではないか!

「働きがい1位?」「1万円の寮?」もちろん偽りはないが、あなたにとっては所詮文章のひとつだろう。

ただ、一流を維持してきたノウハウだけは、目を見て聞いてほしい。

誰もが一流になれる素質を持っているはずだから。

エントリー ENTRY

君の生き様に
3Kはあるか?

  • 価値 VALUE
  • 感動 heart
  • 形 QUALITY