食品工場・倉庫建設設計施工の三和建設株式会社

NEWS

ニュース

「建築学生ワークショップ 東大寺 2020」が開催されました

2020年News

9月20日(日)、特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタが主催する、全国の建築学生を対象にした地域滞在型のワークショップ「建築学生ワークショップ 東大寺 2020」の公開プレゼンテーションが開催されました。当日は、参加学生たちの提案意図や制作の創意工夫を発表し、国内外で活躍する建築家をはじめとした全国の大学で教鞭を執る先生方による講評会が行われました。

 

 

建築学生ワークショップは、建築や環境デザイン等の分野を選考する大学生を対象にした、普段の大学生活では体験できないスケールで作品制作を行う地域滞在型のワークショップです。国内外にて活躍中の建築家を中心とした講師陣の指導のもと、開催地の歴史や地域環境を研究しながら、他大学生徒との交流の中でその場所における社会的な実作品をつくりあげる経験を目的としています。

 

三和建設は、建築学生ワークショップに協賛しており、実作品を制作するためのアドバイザーとして当社設計技術者2名が参加しました。意識的にデザインに触れる機会を提供したい、ワークショップに参加することで「ものづくり」の楽しさを再認識してもらいたいという想いからアドバイザーを社内で公募し希望者の中から選抜しました。

 

建築学生ワークショップ 東大寺 2020

 

【開催場所】

東大寺周辺区域(奈良県)

奈良県奈良市にある東大寺は、奈良時代には「六宗兼学」、平安時代を経て「八宗兼学」と言われた学問寺です。わが国で伝えられてきた「学問の原初の聖地」です。さらには奈良時代以来の建築物を数多く伝えるとともに、平成元年、国内初の「プリツカー賞受賞式」が行われた聖地でもあります。

 

【スケジュール】

7月4日(土)               現地説明会・調査
8月22日(土)~23日(日)          提案作品講評会(1泊2日)
9月15日(火)~9月21日(月)     合宿にて原寸制作ファイナル(6泊7日)
9月20日(日)                            公開プレゼンテーション

 

【制作内容】

“唯一無二の自然環境を守るために、あなたの提案を実現化してください” 
フォリーの原寸模型を地域産材(自然素材 / 木材、和紙、土、石など)の材料で制作

 

【参加対象者】

建築および都市、環境、デザイン、芸術など、これに類する分野を学ぶ学生および院生

 

三和建設ではこうしたワークショップやセミナーへの協賛・協力などを通じて、弊社のミッションである有用な建物づくりを実現する仲間たちが建設業界の発展を担う将来世代の支援を行っていきます。

 

 

国内初のプリツカー賞受賞式の聖地に於いて 建築学生ワークショップ東大寺

 

前の記事 ニュースTOP 次の記事