NEWS

ニュース

三和建設株式会社 70周年キャンペーンソングの紹介

2017年News

 

三和建設70周年という一つの節目を迎えた私たちは、仲間同士の信頼関係をさらに高め、会社の永続のためにつくるひとをつくり続けます。今まで受け継いできたもの、そして私たちが大切にしている想い、それを後世につないで参ります。
その想いをカタチにした70周年キャンペーンソングが生まれました。

 

テーマは「つなぐ」

 


私たちが目指す100年企業へ向けて、未来につながるように。

 

 

©2017 Michihiro Kuroda & REALROX Inc

 

 

 作詞・作曲:黒田 倫弘(Michihiro KURODA)

1972年6月6日生まれ・京都出身
1996年、Icemanとしてデビュー。2000年、岡村靖幸とのコラボシングル「スリルバカンス」でソロ活動を開始。「ライブが全て」と豪語し、圧倒的なライブパフォーマンスと秀でたアーティストスタンスを貫くロックボーカリストとして評価されている。かろやかなポップスから、魂をゆさぶるロッカバラード、ディープファンクと振れ幅のあるCD作品では、作詞作曲とも手がける。 Iceman時代の同胞・伊藤賢一らとのバンド”SCARECROW"、CH@PPY・江草一平とのユニット”ABARA"としても活動。
ソロ活動では、1年にアルバム1作・全国ツアーという精力的な制作活動・ライブ活動を続けている。
2017年は4月に13thオリジナルアルバム「WEAVER STANCE」をリリース。全国ツアーを実施後、大晦日にもカウントダウンライブを予定。

 

■黒田倫弘 official Website 66mk.com
 

 

 

編曲:馬場 一嘉 "Kazuyoshi 'BABI' baba"~

1967年4月5日生まれ・B型・三重県出身 武蔵野音楽大学声楽科卒業。
1990年4月にロックバンド「UB-TAPS」のギタリストとしてメジャーデビュー。
杏子、TOKIO、島崎和歌子、高橋由美子、などに楽曲を提供し始める。
杏子に提供した楽曲「星のかけらを探しに行こう」は後に「福耳」の大ヒットシングル「星のかけらを探しに行こう~Again~」として発表され、代表作となる。
同時にアレンジ、プロデュースとしても黒田倫弘、Whiteberry、RUN&GUN、いしのだなつよ、などを手がけ、近年ではアニメ、声優界にも活動の幅を拡げ、置鮎龍太郎、野島健児、戸松遥、豊崎愛生、花澤香菜、その他数多くのキャラクターソングなどの作、編曲も手がけている。 2012年にはポルノグラフィティの制作、アレンジに参加。
またギタリストとしては、渡辺美里、広末凉子、森山良子、岩崎宏美、黒田倫弘、馬場俊英、スガシカオ、杏子、森広隆、川本真琴、宮本浩次など幅広いジャンルのアーティストのコンサートに参加。
2007年、新たなプロジェクト「Baba Kazuyoshi Style」をスタート。
様々なゲストを招いては、大好きな歌謡曲などをカバーして唄い倒す、という企画イベント「BABI BABI BAR」も積極的に展開。

 

■kazuyoshi"BABI" Baba official Website Anythig to order?

 

 

 

三和建設 70周年キャンペーンソング「TUNAGU ~未来への手紙~」

作詞・作曲:黒田 倫弘  編曲:馬場 一嘉​ 


この世に永遠などない
それでも僕たちは 信じる未来を
目指して今は七合目
これからも光射す方へと

昨日も今日も明日も 百年目も愛してる
家族や仲間と つないだ心を共に
離さぬように

未来へ未来へ 未来へ未来へ繋ごう


悔しい涙も力に
踏み出すこの一歩が 未来をつくる
「ありがとう」感謝の気持ちは
かけがえのない絆をつくる

あの日の誓いは未来の 君にも届いているよね
家族や仲間と つないだ心を共に
離さぬように

未来へ未来へ 未来へ未来へ繋ごう

前の記事 ニュースTOP 次の記事